艦上生活

フェートン号

上の写真の少年水兵は、10代半ばである。もちろん、フェートン号事件の頃は写真はないから、これは事件後50年も経った米国南北戦争(1861-1865)に撮られたものである。この少年水兵(George Hollat, 16歳)だけではなく、8歳の鼓笛隊士など多数の少年が南北戦争に参戦している。(→参考記事 boys of war) George はパウダーモンキーと呼ばれる火薬運搬係で、もっぱらこのような少年の役割であった。フェートン号にも、何人もの幼いパウダーモンキーが乗り組んでいたはずだが、日誌には乗組員の名前や年齢は、残念ながら一切出てこない。個人名が出てくるのは、病気や事故で死亡した時と、鞭打刑を執行されるときのみである。ちなみに、ペリュー艦長も英軍艦に乗り組んだのは10歳の時であった。(解説テキストは、引き続き編集中です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です